【Googleフォト】元のサイズの画像を高圧縮にして空き容量を増やす

2020年10月30日金曜日

Google

t f B! P L

はじめに

Googleフォトは、設定で画像を元のサイズでストレージに保存するか、高圧縮モードで容量無制限で保存するかを選択でき、高圧縮モードでも全然画質的に問題ないので、多く方が高圧縮モードを選択していると思います。

ただ、誤って元のサイズで画像をアップロードした場合や、Google Photos APIs などのAPIを使って画像をアップロードすると元のサイズで保存され、無料ユーザーであれば15GBのストレージ容量を消費します。

この記事では、元のサイズでアップロードしてしまった画像を、高圧縮の画像に変換し、ストレージの使用量を開放する方法を紹介します。

スポンサーリンク

ストレージの容量を開放する方法

容量の開放は、Webブラウザ版のGoogleフォトのみ対応している為、ブラウザでアクセスします。(アプリ版のGoogleフォトでは容量の開放はできません)

画面右上の「歯車」アイコンをクリックして、設定を表示します。

次に「容量の開放」をクリックします。
ここで、元のサイズで保存されている画像が1つもない場合は、ボタンは表示されません。

ポップアップで確認が表示されるため、「圧縮」を選択します。

画像の圧縮処理が開始され、ストレージの容量が開放されます。
大量に元のサイズで保存されている画像があると、圧縮に時間がかかるため、気長に待ちましょう!

さいごに注意事項など

Googleフォトのストレージの容量は、GMailやDrive(ドライブ)などと共有しているため、ストレージ容量が少なくなっきて、容量を増やしたいときに便利な方法です。

高圧縮に変換するボタンは、1日1回までしか押せないので注意が必要です。

スポンサーリンク

QooQ