MacでApacheの起動・停止・再起動

2021年2月24日水曜日

Apache Mac

t f B! P L

Macには始めからApacheが入っているため、簡単なローカルサーバーやPHPなどと連携したWebアプリケーションが開発できます。

この記事では、MacでApacheを起動・停止・再起動する方法を紹介します。

ちなみに、MacにインストールされているApacheのバージョンを確認したい時はapachectl -vとコマンドを打てば出ます。

Apacheの起動状態を確認

Mac上でApacheのプロセスが稼動中かどうかは、httpdプロセスの存在によって確認できます。

$ ps aux | grep httpd

_www             30582   0.0  0.0  4298008    920   ??  S    10:17PM   0:00.00 /usr/sbin/httpd -D FOREGROUND
root             30578   0.0  0.0  4298128   3304   ??  Ss   10:17PM   0:00.21 /usr/sbin/httpd -D FOREGROUND

上の結果のように/usr/sbin/httpdのプロセスが存在していれば、Apacheが稼動中と言えます。

Apacheの起動

まずは、MacのApacheを起動するコマンドです。
Apacheの起動や停止には、root権限が必要になるのでsudoを使います。

$ sudo apachectl start

Apacheの停止

Apacheの停止はstopを使います。

$ sudo apachectl stop

停止するとプロセス一覧から、httpdが消えます。

$ ps aux | grep httpd

## httpdのプロセスなし

Apacheの再起動

Apacheの再起動はrestartを使います。

$ sudo apachectl restart
スポンサーリンク

QooQ