もうクローン不要!GitHub から指定したファイル(フォルダ)をダウンロードする方法

2021年11月29日月曜日

GitHub

t f B! P L

GitHub のリポジトリから特定のファイルやフォルダをダウンロードする方法です。

普通に git clone すれば、GitHub 上のリポジトリをローカルにダウンロードできますが、全部ではなく一部だけがダウンロードしたい時には git clone は時間や容量的にヘビーです。

リポジトリ上の一部のファイル・ディレクトリだけをダウンロードする方法はないかと、いろいろ調べました。

スポンサーリンク

zipファイルでダウンロード

GitHub のサイトから、リポジトリを zip 形式でダウンロードできます。リポジトリ全体をダウンロードすることしか出来ないが、zip から必要なファイルだけを抜き出すことで、割と時間の短縮につながります。

zip 形式でダウンロードする手順は、リポジトリ TOP ページから、[Code] → [Download ZIP] の順にクリックすると、 zip でダウンロードできます。

GITHUB

ブラウザ上の VSCode からダウンロード

2021年8月ごろ、GitHub 上に置かれているリソースを、ブラウザ上の VSCode で閲覧できる機能が追加され、ファイルをダウンロードする時にも、この機能を使うと便利です。

前で紹介した、zipファイルでダウンロードする方法だと、リポジトリ全体でしか落とせなかったものが、この VSCode を使えば、ファイルやディレクトリを指定してダウンロードできます。

まず、対象のリポジトリの TOP ページをブラウザで開き、ページ上のどこでもいいので、. (ピリオド)をキーボードでタイプします。すると、画面が VSCode を使う人にとっては見慣れた画面に切り替わります。

VSCode

次に、ダウンロードしたいファイルやディレクトリの上で、[右クリック] → [Download] を選択します。

enter image description here

ディレクトリをダウンロードする時は、保存先を選択するダイアログが表示されます。ブラウザのセキュリティ制限から、ダウンロード先のフォルダは中身が空のフォルダである必要があります。

ファイルの場合は、普通のダウンロードと同じです。

スポンサーリンク

さいごに

GitHub のリポジトリから、特定のファイルやフォルダをダウンロードする方法を解説してきました。
ブラウザ上で VSCode が動くようになり、より GitHub のソースが閲覧しやすくなりましたね。

スポンサーリンク

QooQ