Google Search Consoleのドメイン所有権確認で、ムームードメインのDNSレコードを設定する

2019年8月23日金曜日

Google Search Console ドメイン

t f B! P L

Google Search Consoleのドメイン所有権確認で、ムームードメインのDNSレコードを設定する

Google Search Consoleのドメイン所有権確認で、ムームードメインのDNSレコードを設定する

はじめに

Google Search Consoleで自分のサイトを登録には、ドメインの所有権を確認する必要があります。この記事ではムームードメインのDNSレコードを設定して、Search Consoleのドメイン所有権を確認する方法を解説します。

手順1. Google Search Consoleでセキュリティコードを取得する

Google Search Consoleでサイトを登録する時に、ドメイン所有権の確認を行う画面が表示されます。次の手順で、DNSレコードに登録するセキュリティーコードをコピーします。

所有権の確認の画面で、 [その他の確認方法] をクリックします。

所有権の確認の画面で「その他の確認方法」をクリック

「ドメイン名プロバイダ」の所まで下にスクロールさせて、「google-site-verification=…」となっているセキュリティコードの右の [コピー] をクリックします。
※ ここでクリップボードにコピーした内容は、後からムームードメインのDNS設定で使用します。

「ドメイン名プロバイダ」の所まで下にスクロールさせてセキュリティコードをコピー

手順2. ムームードメインのDNSレコード設定

まず、ムームードメインにログインして、コントロールパネルを表示します。コントロールパネルは以下のリンクからでも行けます。
ムームードメインのコントロールパネルへ

コントロールパネルの左メニューから、 [ムームーDNS] をクリックして、右のドメインの一覧から、DNSレコードの設定を行う行の [変更] をクリックします。

enter image description here

「設定2」で次のイメージの赤枠の部分のレコードを追加します。内容には、Google Search Consoleでコピーしたセキュリティコードを貼り付けます。設定が完了したら、 [セットアップ情報変更] をクリックします。

enter image description here

変更内容の確認画面が表示されるため、内容を確認し問題がなければ、 [セットアップ情報変更] をクリックして変更を確定します。

確認画面で内容を確認し、問題がなければセットアップ情報変更をクリック

さいごに

ムームードメインのDNSレコードに、Google Search Consoleのドメイン所有権確認用のセキュリティコードを設定する方法を紹介してきました。

注意しなければいけなのが、ドメインをムームードメイン以外の別のサービスに移管した場合は、今回設定したDNSレコードは引き継がれないため、移管先のサービスで同じようにDNSレコードを設定し直す必要があります。

スポンサーリンク

QooQ