Java9以降のBigDecimalの小数点切り上げ・切り捨て・四捨五入

2019年7月4日木曜日

Java

t f B! P L

[Java] BigDecimalの小数点切り上げ・切り捨て・四捨五入

JAVA

はじめに

Java9以降で、BigDecimalの小数点切り上げ・切り捨て・四捨五入についてのメモです。

Java9 からは、BigDecimal.ROUND_~ は非推奨になった

BigDecimal の四捨五入を行うコードで、よく以下のような書き方を見かけますが、
Java9 からは 非推奨になりました。

BigDecimal bd = new BigDecimal("123.4");
BigDecimal bd1 = bd.setScale(0, BigDecimal.ROUND_HALF_UP);

Java10 の公式APIにも非推奨と書かれています
enter image description here

推奨される書き方

これからは、java.math.RoundingModeの enumを使用して
小数点の丸め処理を行います。
以下がサンプルコードです。

import java.math.RoundingMode;

BigDecimal bd = new BigDecimal("123.4");
BigDecimal bd1 = bd.setScale(0, RoundingMode.HALF_UP);

RoundingMode で指定可能な値

・ CEILING

正の無限大に近づくように丸めるモードです。

value.setScale(0, RoundingMode.CEILING)
// 10.1 -> 11
// -10.1 -> -10

・ DOWN

0 に近づくように丸めるモードです。(切り捨て)

value.setScale(0, RoundingMode.DOWN)
// 10.1 -> 10
// 10.5 -> 10
// -10.1 -> -10
// -10.5 -> -10

・ FLOOR

負の無限大に近づくように丸めるモードです。

value.setScale(0, RoundingMode.FLOOR)
// 10.1 -> 10
// 10.5 -> 10
// -10.1 -> -11
// -10.5 -> -11

・ HALF_DOWN

「もっとも近い数字」に丸めるモードです。(五捨六入)

value.setScale(0, RoundingMode.HALF_DOWN)
// 10.1 -> 10
// 10.5 -> 10
// 10.6 -> 11
// -10.1 -> -10
// -10.5 -> -10
// -10.6 -> -11

・ HALF_EVEN

「もっとも近い数字」に丸める丸めモードです
※両隣りの数字が等距離の場合は偶数側に丸められます

value.setScale(0, RoundingMode.HALF_EVEN)
// 10.1 -> 10
// 10.5 -> 10
// 10.6 -> 11
// 11.1 -> 11
// 11.5 -> 12
// 11.6 -> 12

・ HALF_UP

「もっとも近い数字」に丸める丸めモードです(四捨五入)
※両隣りの数字が等距離の場合は切り上げられます

value.setScale(0, RoundingMode.HALF_UP)
// 10.1 -> 10
// 10.5 -> 11
// 10.6 -> 11
// 11.1 -> 11
// 11.5 -> 12
// 11.6 -> 12

・ UP

0 から離れるように丸めるモードです。(切り上げ)

value.setScale(0, RoundingMode.UP)
// 10.1 -> 11
// 10.5 -> 11
// 10.6 -> 11
// -10.1 -> -11
// -10.5 -> -11
// -10.6 -> -11

・UNNECESSARY

要求される演算の結果が正確であり、丸めが必要でないことを表す丸めモードです。
丸め発生すると、java.lang.ArithmeticExceptionがスローされます。

スポンサーリンク

QooQ