【git】既存のフォルダをgit管理にしてリモートリポジトリと紐づける

2020年9月24日木曜日

git

t f B! P L

既存のフォルダを、git管理下にしてリモートリポジトリと紐づけする方法を解説します。

物(ソース)を先に作成してしまってから、後からgitに登録したいなと思った時に、便利な方法です。

手順1:フォルダをgit管理にする

ターミナルを開いて、対象のフォルダに移動後、git initコマンドを実行して、フォルダをgit管理下にします。

cd /path/to/dir
git init

手順2:リモートリポジトリの設定

git管理化にしたフォルダに、リモートリポジトリを設定します。

・ SSH版(GitHub)

$ git remote add origin git@github.com:ユーザ名/リポジトリ名.git

・ SSH版(HTTPS)

$ git remote add origin https://github.com/ユーザ名/リポジトリ名.git

スポンサーリンク

手順3:gitにファイルを追加

フォルダ内のすべてのファイルを、Git管理するためにgit addでステージングします。git管理外にしたいファイルがある場合は、個別にgit addしてください。

次に、git commitでローカルのgitリポジトリをコミットします

git add *
git commit -m 'first Commit.'

手順4:リモートリポジトリにプッシュ(git push)

最後に、git pushでリモートリポジトリにプッシュします。

git push origin master

ここまでの手順で、git管理外の既存のフォルダを、git管理化してリモートへファイルをプッシュできます。

その他情報

コミット時のユーザ名、メールアドレスを設定する。

▪️ グローバル設定

※ 全体の設定をしたいとき
$ git config --global user.name "Yamada Tarou"
$ git config --global user.email "yamada@example.com"

▪️ リポジトリ毎の設定

※ リポジトリ(ディレクトリ)ごとにauthorを登録したいとき
$ git config user.name "Yamada Tarou"
$ git config user.email "yamada@example.com"

スポンサーリンク

macでgitコマンドをたたくとエラーになる

macOSをアップデートすると、gitコマンド入力時に、次のようなエラーが発生することが報告されています。

$ git --version
xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun

そのような時は、次のコマンドでxcodeをインストールすれば解決します。

xcode-select --install

さいごに

既存のフォルダを、git管理下にする方法を紹介してきました。
なんとなく作ったソースを、後からGitHubに登録したくなった場合などに便利です。

スポンサーリンク

QooQ