文字単価「2円」のホワイト案件。実は... | クラウドワークスのブラッグ案件紹介シリーズ

2020年3月13日金曜日

t f B! P L

文字単価「2円」のホワイト案件。実は… | クラウドワークスのブラッグ案件紹介シリーズ

クラウドワークスは、在宅でリモートワークーの仕事が探せる便利なサイトです。この記事では、クラウドワークスに登録されいる仕事の中から、超低報酬のブラック案件を紹介していきます。

私もクラウドワークスで仕事受けている1人のワーカーです。この記事はクラウドワークスを批判したい訳ではなく、クラウドワークスにはびこる「ブラック発注者(クライアント)」が絶滅して、クラウドワークスがより良いサービスになることを願って書いています。

enter image description here

文字単価「2円」のハズが…

クラウドワークスに、こんな仕事が登録されていました。

項目 内容
仕事の概要 「構成」から作成したことのあるライターさん歓迎!「構成案」作成者さん募集【1本最大1,000円】
報酬金額 1,000 (文字単価 2円)
最低文字数 500文字

この案件の文字単価は2円で、他のクソ案件にくらべると非常に高いほうだと思います。「構成案」から作成なので、少し難易度は高いようです。

上記だけ見れば、ブラック案件とは言えません。

しかし、案件の詳細でこのブラック案件が正体を表しました。

実は「文字単価:0.16円」の詐欺案件だった

案件の登録内容には、文字単価「2円」と書きながら、案件の詳細にコッソリと次の内容が書かれていました。

■給与について  
800円~1,000円/1本(約5,000文字程度の記事)  

えっ??全然「文字単価:2円」じゃない…
文字単価が2円なら、5,000文字の記事なら10,000円が報酬になるはずです。

なんと、クラウドワークスの案件内容には、「文字単価:2円」と歌っておきながら、実は 「文字単価:0.16円」の詐欺案件でした。

もし、気付かずに応募したら大変です。

おそらくこの発注者は、5,000文字の記事1本を10,000円で応募させて、実際は「1本(5,000文字) 800円なので、10記事以上 (50,000文字)以上の作成を、ワーカーに求めるつもりでしょう。

なんと恐ろしい…

まとめ

enter image description here

クラウドワークスには、うまくやればアルバイト以上に稼げる仕事も多く登録されています。しかし、今回紹介した仕事のように、超低報酬なブラック案件が多く登録されているのも事実です。

これは、ブラック案件を発注するクライアントがなのは当然ですが、ブラック案件を受注してしまうワーカーさんにも問題があります。

「初心者歓迎」「ライティングスキルが身に付きます」などの言葉に惑わされて、自分を安売りしてはいけません。まともな報酬額の仕事でも、初心者OKの仕事はたくさんあります。

また、「丁寧に教えます」と言っている仕事でも、大抵は丁寧に教えてくれません。基本的にマニュアルを渡してそれで終わりです。

まとめが長くなってしまいましたが…

ワーカーの皆様!絶対にグラック案件には応募しないで下さい!

スポンサーリンク

QooQ