肥大化したAnacondaの掃除!クリーンしてディスク容量を増やす

2021年3月1日月曜日

Anaconda

t f B! P L

Anacondaで使っているディスク容量が、気がついたら肥大化していて大変なことになっていた。

conda installでインストールしたパッケージはキャッシュに残るため、それを消さずに放っておくと、どんどん容量を食っていく。

さらに、同じパッケージでもバージョンが異なれば、新しくキャッシュに保存されるため、バージョンが変わるたびにパッケージをインストールすると、キャッシュを大量に食うことになる。

Anacondaのクリーン

Anacondaのキャッシュには、インデックスキャッシュ, ロックファイル, tarball, 使っていないパッケージ, ソースキャッシュがあり、これらはconda cleanコマンドでクリアできます。

一番よく使うのが--allオプションを付けて、すべてのキャッシュを削除する方法です。

conda clean --all

キャッシュを個別にクリア

個別のキャッシュごとに消す場合は、それぞれ次のオプションを指定します。

インデックスキャッシュをクリア

conda clean –index-cache

ロックファイルを削除

conda clean –lock

tarball を削除

conda clean –tarballs

利用していないパッケージを削除

conda clean –packages

ソースコードキャッシュを削

conda clean –source-cache

まとめ

肥大化したAnacondaの掃除をするconda cleanコマンドの使い方を紹介しました。

頻繁にインストールした後に放っておくと、気付いたら数GBものキャッシュが溜まってました。

スポンサーリンク

QooQ