HTMLでURLやファイル名が勝手にリンクになるのを回避する

2021年4月28日水曜日

HTML

t f B! P L

HTMLでURLやファイル名を表記すると、ブラウザの機能によって勝手にリンク扱いされます。

これは便利な機能である反面、「example.com」などのサンプルURLや、「sample.txt」などのファイル名の例を表記する時には、実際そのURLやファイルへのリンク先が存在しないため、リンク扱いになって欲しくありません。

これを回避するには、URLやファイル名と認識される一部の文字を、アスキーコード表記の文字で記述することで、ブラウザがリンクとして扱う文字列から除外され、普通の文字として表示させることができます。

スポンサーリンク

URLの自動リンクを回避する

URLを自動でリンク扱いされないようにする場合は、次の3つの文字をアスキーコード表記で書くことで、リンク扱いではなく通常の文字として表示できます。

文字 アスキーコード表記
: (コロン) :
/ (スラッシュ) /
. (ドット) .

例えば「http://example.com」のURLをリンク扱いにしたくない場合は、HTMLを次のように記述します。

http://example.com

ちょっとHTMLのソースが汚くなりますが、このように記述することでURLが自動でリンク扱いにならなくなります。

ファイル名の自動リンクを回避する

「sample.txt」のようなファイル名についても、ブラウザによっては勝手にリンク扱いになることがあります。

リンク扱いされないようにする場合は、URLの時と同様に「ドット(.)」の部分をアスキーコード表示で書くことで、リンク扱いではなく通常の文字として表示できます。

sample.html

まとめ

HTMLでURLやファイル名を書いた時に、自動でリンク扱いにならないようにする方法を解説しました。

スポンサーリンク

QooQ