VSCode devcontainer.json に簡単に拡張機能名を追記する方法

2021年11月29日月曜日

Docker VSCODE

t f B! P L

devcontainer.json

devcontainer.json は、Remote Container で使うコンテナ設定ファイルである。

この設定ファイルには、コンテナ内の VSCode にインストールする拡張機能を指定でき、記述しておくことで、Remote Container 起動時に対象の拡張機能が自動でインストールされる。つまり、 devcontainer.json を開発ソースなどと一緒に配布することで、同じ拡張機能がインストールされた開発環境が複数の端末に簡単に展開できる。

例えば、devcontainer.json に次のような設定をしておくと、Angular の拡張機能がコンテナ内の VSCode にインストールされる。

	// Add the IDs of extensions you want installed when the container is created.
	"extensions": [
		"johnpapa.angular2"
	]

手で追記するのは面倒や

johnpapa.angular2 ような拡張機能名を調べて、devcontainer.json に追記するのは面倒であるため、VSCode にはワンクリックで devcontainer.json に拡張機能名を追加する機能が用意されている。

手順は、対象の拡張機能の画面を開き、歯車のアイコンをクリック →「Add to devcontainer.json」を選択することで、対象の拡張機能名が devcontainer.json に追加される。

enter image description here

まとめ

知っている人は知っている、知らなかった人(筆者)は感動。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを検索

Profile

自分の写真
Webアプリエンジニア。 日々新しい技術を追い求めてブログでアウトプットしています。
プロフィール画像は、猫村ゆゆこ様に書いてもらいました。

仕事募集もしていたり、していなかったり。

QooQ