Googleフォトの容量無制限が2021年6月1日で終了!絶望の始まり....

2021年6月1日火曜日

Googleフォト

t f B! P L

スポンサーリンク

2021年6月以降はGoogleフォトは無制限でなくなる

ある日、GMAILに次のような絶望メールが流れてきた。

2021 年 6 月 1 日以降に 高画質でバックアップしたすべての写真と動画は、Google アカウントに付属する無料の保存容量(15 GB)またはご購入いただいた追加の保存容量を使用するようになります。これは、Google ドライブや Gmail などの他のサービスですでに適用されている扱いと同じです。

要するに、これまでは高画質モードであれば、Googleフォトは容量無制限で写真をアップできていたが、2021年6月1日以降にアップした画像は、無料の保存容量(15 GB)の容量を消費するとのメールだ。

2021年6月以前にアップした画像は対象外

Googleから送信されたメールには、次のようにも書かれている。

2021 年 6 月 1 日より前に高画質でバックアップしたすべての写真と動画は今回の変更の対象外であり、Google アカウントの保存容量を使用することはありません。高画質でアップロードした既存のすべてのコンテンツがこれに該当します。

つまり、2021年6月より前にアップした写真は、保存容量(15 GB)消費のカウント対象外となるようだ。
ただ、写真を消して同じ画像をアップした場合は、それは2021年6月にアップした画像として見做される為、保存容量が消費されるので注意が必要だ!

スポンサーリンク

15GBって何枚写真保存できるの?

ちなみに、無料の保存容量(15 GB)だと、写真は何枚くらい保存できるのしょうか?

撮影する機種や、モードによって異なってくるかと思いますが、だいたいスマホで撮影した写真を、Googleフォトに高圧縮モードで保存すると、1枚あたり600〜700KB程度になる。

それを元に計算すると、容量が15 GBだと、約 22,000枚程度の画像が保存が可能になります。

ただし、無料の保存容量(15 GB)は、GMAILや、Google Driveなど、他のGoogleサービスとも共有します。
例えば、Google Driveで既に5GBの容量を使用していた場合は、Googleフォトで使用できる容量は10GBになるので注意が必要です。

容量が不足する場合は、購入も可能

15 GBの無料枠があれば、普通に使っていれば、すぐに容量が不足することはないでしょう。
もし容量が不足する場合は、Google One で 月額 ¥250(100 GB)からご購入できます。

もしくは、管理は大変になるかもしれませんが、Googleアカウントを複数作れば、アカウントごとに無料の15GBの容量が使えるため、用途によって写真を保存するアカウントを分けるのも1つの対応策です。

ぼけた写真を削除提案するツールも提供予定

容量無制限が終了するに伴い、ぼけた写真や暗い写真などを削除するツールを、2021年6月に提供予定としている。
整理せずに膨大に溜まってしまった写真や動画を整理するのに、いい機会であるかもしれない。

放置アカウントに注意!一定期間経つとデータが消去される

2021年6月以降のルール変更には、容量無制限の廃止以外にも次の2つのポリシー変更がアナウンスされている。

1つ目は、2年以上放置しているサービスのデータ削除に関するポリシー変更だ。6月からの新しいポリシーでは、頻繁にログインしているGoogleアカウントであっても、2年以上使っていないサービスがあれば、そのサービスのデータは削除される可能性がある。

2つ目は、容量超過が2年以上続く場合、Gmail、Driveおよびフォトのコンテンツを削除することである。大事なデータが消えないように、次の記事で紹介している方法で定期的に残り容量を確認した方がよさそうである。

【関連記事】
Googleドライブ・フォトなどの残り容量を確認する方法

追記

ついに6月1日を迎えて、これからは容量無制限ではなくなりました。

これからは、容量をまめに確認することや放置アカウントに大切な、データを残していないか確認しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

QooQ