FlaskでPOSTされたJSONを取得する方法 【Python TIPS】

2019年5月5日日曜日

Flask Python

t f B! P L

FlaskでPOSTされたJSONを取得する

Flaskで、POSTでリクエストされたJSONを受け取る方法を紹介します。

プログラムコードのイメージ

JSONのリクエストをFlaskで受け取る

やり方は簡単で、以下の1行で、POSTされたJOSNデータを受けとる事が出来ます。

print(request.json)

実際に試してみると、request.jsonでJSONデータが受け取れている事が分かります。

$ curl -X POST -H 'Content-Type:application/json' -d '{"id":"U004","name":"ユーザ名"}' http://127.0.0.1:5000/example

{'id': 'U004', 'name': 'ユーザ名'}  ←出力結果

注意点

request.jsonには、Content-Typeヘッダがapplication/jsonの時しか値が入りません。
試しに、Content-Typeをtext/jsonで送ってみると、Noneが返ってきました。

$ curl -X POST -H 'Content-Type:text/json' -d '{"id":"U004","name":"ユーザ名"}' http://127.0.0.1:5000/example

None  ←出力結果

関連記事

MacにPython3をインストールする! (サクッとインストールしたい人向け)

Mac環境に、Python3を簡単にインストールする方法を紹介しています。

Python3入門! 基礎をおさらい (変数/演算子/条件分岐/繰り返し)

1つの記事に、基本文法をまとめて書いているので、時間が空いて忘れてしまった場合でも、一気に復習出来るようになっています。よければ見てください。

Flaskでソースの変更を検知して、Webアプリを自動リロードする[Python Tips]

Flaskの開発で、ソースを更新したら、自動的にWebアプリをリロードする方法です。

Flaskで REST API開発する! 直ぐに実行できるサンプルコードで解説 【Python Tips】

Pythonの軽量Webフレームワークである、FlaskでREST APIを作るまでの流れを、紹介します。

Flask-RESTful を使って、REST APIを作る【Python Tips】

Flaskと、Flask-RESTfulを使って、REST APIを作ります。
Flask-RESTfulを使うと、オブジェクト思考な感じで、REST APIが作れます。

Pythonで小数点の四捨五入/切り捨て/切り上げを行う

Pythonのdecimalモジュールを使って、小数点の丸めを行う方法です。

スポンサーリンク

QooQ