pipコマンドまとめ! 忘れても思い出せばいい! 【Python TIPS】

2018年11月27日火曜日

t f B! P L

pipコマンドまとめ! 忘れても思い出せばいい! 【Python TIPS】

忘れがちなpipコマンドを"まとめ"ました。
pip3でも基本同じです。

pipコマンド集

pip自身をアップデート

以下のコマンドで、pip自身をアップデートできます。

$ pip install -U pip

インストール済パッケージの一覧を表示

$ pip list

Package           Version   
----------------- ----------
aniso8601         4.0.1     
astroid           2.1.0     
・・・

パッケージのインストール

$ pip install <package>

パッケージを再度インストール

$ pip install -U <package>

パッケージをアップグレード

pip install -U <package>

パッケージリストからインストール

pip install -r requirements.txt

パッケージリストは、こんな感じで書きます

Flask==1.0.2
Flask-RESTful==0.3.6
SQLAlchemy==1.2.14

パッケージのアンインストール

$ pip uninstall -y <package>

削除時の確認メッセージが不要な場合は、"-y"オプションをつけます。

$ pip uninstall -y <package>

関連記事

MacにPython3をインストールする! (サクッとインストールしたい人向け)

Mac環境に、Python3を簡単にインストールする方法を紹介しています。

Python3入門! 基礎をおさらい (変数/演算子/条件分岐/繰り返し)

1つの記事に、基本文法をまとめて書いているので、時間が空いて忘れてしまった場合でも、一気に復習出来るようになっています。よければ見てください。

Flaskでソースの変更を検知して、Webアプリを自動リロードする[Python Tips]

Flaskの開発で、ソースを更新したら、自動的にWebアプリをリロードする方法です。

Flaskで REST API開発する! 直ぐに実行できるサンプルコードで解説 【Python Tips】

Pythonの軽量Webフレームワークである、FlaskでREST APIを作るまでの流れを、紹介します。

Flask-RESTful を使って、REST APIを作る【Python Tips】

Flaskと、Flask-RESTfulを使って、REST APIを作ります。
Flask-RESTfulを使うと、オブジェクト思考な感じで、REST APIが作れます。

Pythonで小数点の四捨五入/切り捨て/切り上げを行う

Pythonのdecimalモジュールを使って、小数点の丸めを行う方法です。

スポンサーリンク

QooQ