[Python] JSONをXPath風に操作するJSONPath

2018年12月11日火曜日

t f B! P L

[Python] JSONをXPath風に操作するJSONPath

最近ではすっかり、XMLよりJSON形式のAPIが多いですね。
そこで、JSONでもXPATHのように、クエリ形式で要素を検索したいと思い、 jsonpath-ngというよさげなライブラリを見つけたので、それを紹介したいと思います。

Python JSONPathで簡単検索

インストール

$ pip install --upgrade jsonpath-ng

さっそく試してみる

リストの下の要素を検索する例です。

from jsonpath_ng import jsonpath, parse

# 実験用のJSONデータ(dict)
json = {
  'foo': [
    {'baz': 1}, 
    {'baz': 2}
  ]
}

# fooリスト以下のbaz要素を検索
jsonpath_expr = parse('foo[*].baz')
matches = jsonpath_expr.find(json)

# 結果を表示
print( [match.value for match in matches] )
#-> [1, 2]

JSONPathの構文

単一要素の表現

構文 意味
$ ルート要素
field 要素の指定
* 任意の要素

親子関係の表現

構文 意味
parent.child "parent"の下の"child"を検索
parent.* "parent"の全ての子要素
parent.[child1, child2] "parent"の下の"child1"又は"child2"を検索
parent..grandchild "parent"の子孫要素から"grandchild"を検索

配列要素の表現

構文 意味
field[idx] リストのインデックス指定
field[start:end] インデックスを範囲指定
field[*] リストの全インデックス

条件式

"price"が、300円以上の本を検索する例

from jsonpath_ng.ext import parse

json = { 'books': [
    {
      'name': "おしゃれクッキング",
      'price': 500
    },
    {
      'name': "節約弁当の作り方",
      'price': 200
    },
    {
      'name': "特別な日のお弁当",
      'price': 900
    }
  ]
}

matches = parse("$.books[?price >= 300]").find(json)
[match.value["name"] for match in matches]
#-> ['おしゃれクッキング', '特別な日のお弁当']

"price"が、300円以上、800以下の本を検索する例

matches = parse("$.books[?price >= 300 & price <= 800]").find(json)
[match.value["name"] for match in matches]
#-> ['おしゃれクッキング']

関連記事

MacにPython3をインストールする! (サクッとインストールしたい人向け)

Mac環境に、Python3を簡単にインストールする方法を紹介しています。

Python3入門! 基礎をおさらい (変数/演算子/条件分岐/繰り返し)

1つの記事に、基本文法をまとめて書いているので、時間が空いて忘れてしまった場合でも、一気に復習出来るようになっています。よければ見てください。

Flaskでソースの変更を検知して、Webアプリを自動リロードする[Python Tips]

Flaskの開発で、ソースを更新したら、自動的にWebアプリをリロードする方法です。

Flaskで REST API開発する! 直ぐに実行できるサンプルコードで解説 【Python Tips】

Pythonの軽量Webフレームワークである、FlaskでREST APIを作るまでの流れを、紹介します。

Flask-RESTful を使って、REST APIを作る【Python Tips】

Flaskと、Flask-RESTfulを使って、REST APIを作ります。
Flask-RESTfulを使うと、オブジェクト思考な感じで、REST APIが作れます。

Pythonで小数点の四捨五入/切り捨て/切り上げを行う

Pythonのdecimalモジュールを使って、小数点の丸めを行う方法です。

pipコマンドまとめ! 忘れても思い出せばいい! 【Python TIPS】

よく使うpipコマンドをまとめました。

Pythonで正規表現を使って数値/英字チェックを実装する (コピペ用)

数値/半角英字などのチェック処理を、Pythonの正規表現を使って実装します。
コピペで簡単に使えるようになっています。

[SQLAlchemy] one() / first()の違いと使い分け

PythonのSQLAlchemyで、1件のレコードを取得する関数に、one()とfirst()関数の2つがある。
この2つの関数の違いが気になったので、まとめます。
関数の説明と、その使い分け方についても、解説したいと思います。

スポンサーリンク

QooQ