スキップしてメイン コンテンツに移動

[Python] Flaskでmemory_profilerを使ってメモリ使用量を分析する

Pythonでメモリ使用量を調査するには、「memory_profiler」が有名ですが、Flaskで利用するには、ひと手間加えてやる必要があります。

enter image description here

サンプルコード

早速、Flaskでmemory_profilerを使う為のサンプルコードを紹介します。
まず、調査対象のURL(関数)が呼ばれる度に、メモリ使用量をコントロールに表示するカスタムデコレータを作成します。

from functools import wraps

import memory_profiler
try:
    import tracemalloc
    has_tracemalloc = True
except ImportError:
    has_tracemalloc = False

def my_profiler(func=None, stream=None, precision=1, backend='psutil'):
    backend = memory_profiler.choose_backend(backend)
    if backend == 'tracemalloc' and has_tracemalloc:
        if not tracemalloc.is_tracing():
            tracemalloc.start()
    if func is not None:
        @wraps(func)
        def wrapper(*args, **kwargs):
            prof = memory_profiler.LineProfiler(backend=backend)
            val = prof(func)(*args, **kwargs)
            memory_profiler.show_results(prof, stream=stream,
                                         precision=precision)
            return val
        return wrapper
    else:
        def inner_wrapper(f):
            return profile(f, stream=stream, precision=precision,
                           backend=backend)
        return inner_wrapper

※上のコードは、こちらのページに書いてあった内容を引用してます。

あとは、上で作成したカスタムデコレータを、メモリ使用量の調査を行うFlaskの関数に設定すれば設定完了です。

@app.route('/sample'], methods=['GET', 'POST'])
@memory_profiler
def sample():
    #メモリ使用量の測定を行う処理
    print("TEST")

設定が完了したら、実際にURLにアクセスにしてみましょう!
以下の通り、コンソールに対象関数のメモリ使用量が出力されていると思います。

[実行結果]

Line #    Mem usage    Increment   Line Contents
================================================
    98     64.6 MiB     64.6 MiB   @app.route('/sample', methods=['GET', 'POST'])
    99                             @util.my_profiler
   100                             def sample():
   101                                 #メモリ使用量の測定を行う処理
   102     64.6 MiB      0.0 MiB       return "TEST"

本当に計測出来ているか試してみる

とりあえず、メモリ使用量のレポートが出力されました。
今度は、ちゃんと計測出来ているのか試してみました。

無意はありませんが、以下のような大容量の配列を作る処理で、測定してみます。

@app.route('/sample'], methods=['GET', 'POST'])
@memory_profiler
def sample():
    #メモリ使用量の測定を行う処理
    data = [i for i in  range(0, 1000000)]
    print("TEST")

[実行結果]

Line #    Mem usage    Increment   Line Contents
================================================
   100     65.0 MiB     65.0 MiB   @app.route('/sample', methods=['GET', 'POST'])
   101                             @know.util.my_profiler
   102                             def sample():
   103                                 #メモリ使用量の測定を行う処理
   104    103.8 MiB      0.8 MiB       data = [i for i in range(0, 1000000)]
   105
   106    103.8 MiB      0.0 MiB       return "TEST"

なんか測定出来ているっぽいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

このブログの人気の投稿

axiosの使い方まとめ (GET/POST/例外処理)

axiosの使い方まとめ (GET/POST/例外処理)最近何かとよく使うJavaScriptでAJAX通信を行うaxiosについて、簡単に使い方をまとめました。GETリクエストをaxiosで送るまずはGETリクエストをaxiosで送る方法です。const res =await axios.get('/users') console.log(res.data)分割代入の記法を使うと、以下のようにも書けますconst{data}=await axios.get('/users') console.log(data)クエリパラメータ (URLパラメータ)を指定クエリパラメータを指定する方法は2つあります。1つ目は、axios.getに指定するURLに直接記述する方法です。axios.get('/user?id=123')2つめは、axios.getの第2引数に、オプション指定する方法です。axios.get('/user',{ params:{ id:123}})POSTリクエストをaxiosで送る次はPOSTリクエストをaxiosで送る方法です。JSON形式でPOSTするJSON形式でPOSTする場合は、axios.postの第2引数に、送信するデータをJavaScriptオブジェクトで指定します。const res =await axios.post('/user',{ id:123, name:'Yamada Tarou'})application/x-www-form-urlencoded形式でPOSTするapplication/x-www-form-urlencoded形式でPOSTする場合は、URLSearchParamsを使います。var params =newURLSearchParams() params.append('id',123) params.append('name','Yamada Tarou')const res =await axios.post('/user', params)axios でファイルをアップロードする画像などのファイルを、axiosでアッ…

[VB, C#] Windows 8, Window 10 で ImeModeが制御できない問題を解決する

[VB, C#] Windows 8, Window 10 で ImeModeが制御できない問題を解決するタイトルの通りですが、Windows 8 以降では Windows Form アプリケーションで、コントロールの ImeMode に Katakana や KatakanaHalf を設定しても、カタカナになってくれません。なぜ ImeMode が効かないのか?Windows 8 以降、IME Mode の切り替えは、ユーザー単位で切り替わるようになった為、アプリから IME Mode 制御が出来ないようになりました。
(IME をON にした場合、常に ひらがな モードになます)※ Windows 7までは、IME Modeの切り替えはアプリ単位で行われていた為、問題なくアプリから IME制御が行えました。対処方法Windows 8 以降、IMEの制御は、InputScope クラスの利用が推奨されています。
しかし、InputScope クラスは、WPF、Windows ストアアプリでしか使えない為、Windows Formアプリでは使用できません。
(Windows Form はもう使うな!という事でしょうか (涙) )結論としては、コントールパネルの設定で、IMEの制御をユーザ単位から アプリ単位に変更する事ができます。
これで、Windows Formアプリでも 従来通りIMEの制御を行う事が出来ます。おわりにこの方法だと、アプリをインストールする端末すべてに設定が必要となり、とっても面倒です。。。
しかし、今の所これしか方法がない状態です。
これからは Windows Formではなく、WPFや Windows ストアアプリで作れという事ですかね (^^;)

MailKitの使い方! エンコーディング指定や添付ファイをメールで送信する方法[C#/VB Tips]

MailKitの使い方! エンコーディング指定や添付ファイをメールで送信する方法[C#/VB Tips]MailKitを使ってメールを送るサンプルコードです。(C#)UTF8/iso-2022-jpのエンコーディング指定、GMail/YahooのSMTPサーバで送るなど、4つのサンプルコードでMailKitの使い方を紹介します。MailKitって何?2017年に.NET標準のSystem.Net.Mail.SmtpClientが廃止予定となり、Microsoftより今後はオープンソースライブラリである、MailKitに置き換えるとアナウンスがありました。既にSmtpClientは非推奨になっており、今後は廃止されていきます。現在、SmtpClientを使用したソースコードには、Visual StudioからMailKitを使うよう警告が出るようになっています。さっそく、MailKitを使ってメールを送信するサンプルコードを作っていきます。UTF8でメールを送信文字エンコーディングを、UTF8でメールを送信するサンプルコードです。
MailKitは、デフォルトの文字エンコーディングがUTF8なっている為、シンプルなコードでメールを送信する事ができます。var host ="<smtp server name>"; var port =25;// or 587using(var smtp =new MailKit.Net.Smtp.SmtpClient()){//SMTPサーバに接続する smtp.Connect(host, port, MailKit.Security.SecureSocketOptions.Auto);//認証が必要な場合は、以下のコメントを解除//smtp.Authenticate("<id>", "<password>");//送信するメールを作成する var mail =new MimeKit.MimeMessage(); var builder =new MimeKit.BodyBuilder(); mail.From.Add(new MimeKit.MailboxAddress("",&quo…