スキップしてメイン コンテンツに移動

システム開発で言いがちなこと

それ、うちの会社の担当じゃありません

システム開発は、ユーザー企業の下に、複数のシステム開発会社が入って、一つのシステムを開発することが多々あります。

各システム会社は、サブシステムという単位で担当範囲を分けて開発を進めていきます。

こういったケースの場合、担当範囲以外の事を、システム会社の人に質問すると「それ、うちの会社の担当じゃありません!」っとそっけなく返す人や、キレ気味で返してきて印象が悪い人がいます。

確かに、分からないことは答えられませんが、全体の作業を円滑に進める上で、ちゃんとした対応を望むものです。

分かりました、か直せばいいんですね

システムには、バク(不具合)は付き物です。どれだけ細かくテストを実施しても、軽微なバクは起きるものです。

バクが発生したときは、当然プログラムを修正するわけですが、そんな時に、こんなことを言う人がいます。

「分かりました、直します」
 「あー別件が○○なので、時間頂きます」

上から目線?とツッコミたくなりますが、このように、謝罪とせず、全く責任を感じない人が少なからずいます。

システムエンジニアやプログラマーは、システムを作っては、次の場所に渡って別のシステムを作るという事をしています。

複数のシステムを開発しているため、一つのシステムに対する思い入れが少ないことや、別の現場の忙しさから、このような冷たい態度をとる人がいます。

また、「ある程度のバクは仕方ない」と言うシステム開発者側の考え方と、「バクが無いのが当たり前」と言うユーザー側の認識の違いから、ユーザーは怒りを感じてしまうのかもしれません。

システム開発者は、(もし罪悪感がなくても)ユーザー側の立場に立って、誠意をもって対応しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

このブログの人気の投稿

axiosの使い方まとめ (GET/POST/例外処理)

axiosの使い方まとめ (GET/POST/例外処理)最近何かとよく使うJavaScriptでAJAX通信を行うaxiosについて、簡単に使い方をまとめました。GETリクエストをaxiosで送るまずはGETリクエストをaxiosで送る方法です。const res =await axios.get('/users') console.log(res.data)分割代入の記法を使うと、以下のようにも書けますconst{data}=await axios.get('/users') console.log(data)クエリパラメータ (URLパラメータ)を指定クエリパラメータを指定する方法は2つあります。1つ目は、axios.getに指定するURLに直接記述する方法です。axios.get('/user?id=123')2つめは、axios.getの第2引数に、オプション指定する方法です。axios.get('/user',{ params:{ id:123}})POSTリクエストをaxiosで送る次はPOSTリクエストをaxiosで送る方法です。JSON形式でPOSTするJSON形式でPOSTする場合は、axios.postの第2引数に、送信するデータをJavaScriptオブジェクトで指定します。const res =await axios.post('/user',{ id:123, name:'Yamada Tarou'})application/x-www-form-urlencoded形式でPOSTするapplication/x-www-form-urlencoded形式でPOSTする場合は、URLSearchParamsを使います。var params =newURLSearchParams() params.append('id',123) params.append('name','Yamada Tarou')const res =await axios.post('/user', params)axios でファイルをアップロードする画像などのファイルを、axiosでアッ…

[VB, C#] Windows 8, Window 10 で ImeModeが制御できない問題を解決する

[VB, C#] Windows 8, Window 10 で ImeModeが制御できない問題を解決するタイトルの通りですが、Windows 8 以降では Windows Form アプリケーションで、コントロールの ImeMode に Katakana や KatakanaHalf を設定しても、カタカナになってくれません。なぜ ImeMode が効かないのか?Windows 8 以降、IME Mode の切り替えは、ユーザー単位で切り替わるようになった為、アプリから IME Mode 制御が出来ないようになりました。
(IME をON にした場合、常に ひらがな モードになます)※ Windows 7までは、IME Modeの切り替えはアプリ単位で行われていた為、問題なくアプリから IME制御が行えました。対処方法Windows 8 以降、IMEの制御は、InputScope クラスの利用が推奨されています。
しかし、InputScope クラスは、WPF、Windows ストアアプリでしか使えない為、Windows Formアプリでは使用できません。
(Windows Form はもう使うな!という事でしょうか (涙) )結論としては、コントールパネルの設定で、IMEの制御をユーザ単位から アプリ単位に変更する事ができます。
これで、Windows Formアプリでも 従来通りIMEの制御を行う事が出来ます。おわりにこの方法だと、アプリをインストールする端末すべてに設定が必要となり、とっても面倒です。。。
しかし、今の所これしか方法がない状態です。
これからは Windows Formではなく、WPFや Windows ストアアプリで作れという事ですかね (^^;)

MailKitの使い方! エンコーディング指定や添付ファイをメールで送信する方法[C#/VB Tips]

MailKitの使い方! エンコーディング指定や添付ファイをメールで送信する方法[C#/VB Tips]MailKitを使ってメールを送るサンプルコードです。(C#)UTF8/iso-2022-jpのエンコーディング指定、GMail/YahooのSMTPサーバで送るなど、4つのサンプルコードでMailKitの使い方を紹介します。MailKitって何?2017年に.NET標準のSystem.Net.Mail.SmtpClientが廃止予定となり、Microsoftより今後はオープンソースライブラリである、MailKitに置き換えるとアナウンスがありました。既にSmtpClientは非推奨になっており、今後は廃止されていきます。現在、SmtpClientを使用したソースコードには、Visual StudioからMailKitを使うよう警告が出るようになっています。さっそく、MailKitを使ってメールを送信するサンプルコードを作っていきます。UTF8でメールを送信文字エンコーディングを、UTF8でメールを送信するサンプルコードです。
MailKitは、デフォルトの文字エンコーディングがUTF8なっている為、シンプルなコードでメールを送信する事ができます。var host ="<smtp server name>"; var port =25;// or 587using(var smtp =new MailKit.Net.Smtp.SmtpClient()){//SMTPサーバに接続する smtp.Connect(host, port, MailKit.Security.SecureSocketOptions.Auto);//認証が必要な場合は、以下のコメントを解除//smtp.Authenticate("<id>", "<password>");//送信するメールを作成する var mail =new MimeKit.MimeMessage(); var builder =new MimeKit.BodyBuilder(); mail.From.Add(new MimeKit.MailboxAddress("",&quo…