スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2018の投稿を表示しています

安さは健在? 2018年 新型 MacBook Air が発売

安さは健在? 2018年 新型 MacBook Air が発売10月30日に開催中のAppleイベント「There’s more in the making.」で新型MacBook Airを発表されました。
MacBook Airユーザの私は、この時をずっと待っていました。10/31 AM1現在、Apple公式サイトを確認すると、すでに予約販売が開始されていました。スペック新型 MacBook Airのスペックはこんな感じです。構成性能ディスプレイ13.3 inchCPU(1.6GHz Dual-Core (Turbo Boost時 3.6GHz)ストレージ(SSD)128GB / 256GB / 512GB / 1.5TBメモリ8GB / 16GBGraphicsIntel UHD Graphics 617指紋認証Touch IDトラックパッド感圧タッチトラックパッド価格メモリ、ストレージによって、以下の価格になります。メモリストレージ価格8GB128GB$1,149 (約12.9万)8GB256GB$1,349 (約15.2万)8GB512GB$1,549 (約17.4万)8GB1.5TB$2,349 (約26.5万)16GB128GB$1,329 (約14.9万)16GB256GB$1,529 (約17.2万)16GB512GB$1,729 (約19.5万)16GB1.5TB$2,529 (約28.5万)最下位モデルでも、13万程度からの価格設定で、旧モデルに比べて価格帯が上がっています。
ん〜〜、上位モデルは、Airらしからぬ値段ですね…10%薄型化・17%小型化を実現外寸は15.6ミリで、前モデルの17.3ミリよりも10%薄くなりました。
重量は、100g軽い約1.25kgと軽量化されている。ボディカラーは3色ボディカラーは、ゴールド、シルバー、スペースグレイの3種類。
100%再生アルミニウムを使用しているとの事で、エコですね…旧型の MacBook Airは値下げ!!嬉しい事に、旧型の MacBook Airが値下げされていました。
$999(約11.2万) -> $849(約9.5万)に下がっています。値下げ前
値下げ後
旧モデルを買おうかなーー

曜日毎にファイルのバックアップを Windowバッチ(bat)でやってみる

曜日毎にファイルのバックアップを Windowバッチ(bat)でやってみる今回は、曜日別にファイル/フォルダをバックアップして、7世代分のバックアップを取る方法について、紹介します。前回、Windowバッチで、曜日を取得する方法を紹介しましたので、それの応用編です。バックアップのイメージスクリプトの、処理イメージは以下の通りです。
このスクリプトを、タスクスケジューラで、毎日動かすイメージです。※ Zip圧縮に7zipを使います、事前にインストールしておいて下さい。
 7zipのダウンロードは こちらコードの内容@echo off @rem 7zipのインストール先パス set ZIP_PATH="C:\Program Files\7-Zip" @rem バックアップ元のファイル又はフォルダパスを指定 set BACKUP_DIR=C:\path\to\backup\from @rem ファイル圧縮時に使用する一時ディレクトリのパスを指定 set WORK_DIR=C:\path\to\temp @rem バックアップ先のフォルダパスを指定 set OUTPUT_DIR=\\backupserver\path\to\backup\to set dt=%date:~-10% set yyyy=%dt:~0,4% set mm=%dt:~5,2% set dd=%dt:~8,2% set today="%yyyy%/%mm%/%dd% 12:00:00" echo WScript.echo weekday(%today%)> tmp.vbs for/f %%X in('cscript //nologo tmp.vbs')do set YOUBI=%%X if%YOUBI%==7(set WDAY=SAT)if%YOUBI%==6(set WDAY=FRI)if%YOUBI%==5(set WDAY=THU)if%YOUBI%==4(set WDAY=WED)if%YOUBI%==3(set WDAY=TUE)if%YOUBI%==2(set WDAY=MON)if%YOUBI%==1(set WDAY=SUN) @rem 7zipで圧縮 出力先はWORK_DIR 名前はbackup_tmp.z…

Windows バッチ(.bat)で曜日判定

Windows バッチ(.bat)で曜日判定を行うはじめにWindows バッチ(.bat)で曜日の判定を行い、曜日別に処理を行う事案があった為、その覚書です。まず、Windows 標準コマンドには、曜日の取得を行うコマンドがありません。
そのため、VBScriptと組み合わせて曜日の取得を行っていきます。作成するファイルファイル内容weekday.vbs曜日を取得する VBScriptmain.batメインの Windowsバッチコードの内容weekday.vbsまずは、曜日を取得する為の weekday.vbs です。WScript.Quit(WeekDay(Date))[解説]
現在の日付から曜日を 1(日曜) ~ 7(土曜)の整数値で取得し、バッチの戻り値としています。main.bat次はメインの Windows バッチです。cscript /b .\weekday.vbs if%errorlevel%==7 set WDAY=SAT if%errorlevel%==6 set WDAY=FRI if%errorlevel%==5 set WDAY=THU if%errorlevel%==4 set WDAY=WED if%errorlevel%==3 set WDAY=TUE if%errorlevel%==2 set WDAY=MON if%errorlevel%==1 set WDAY=SUN # あとは、WDAY 環境変数の中身を見て、曜日毎の処理を行う[解説]
先ほど作成した weekday.vbs を最初に実行し、曜日を取得します。
実行後、%errorlevel% に1(日曜) ~ 7(土曜)の曜日が入ります。
%errorlevel%は別の処理を実行してしまうと、内容が書き換わってしまう為、一旦別の変数(WDAY)に曜日を格納します。
あとは、変数(WDAY)の内容に従い、曜日毎の処理を行なっていきます。最後に自分は、曜日毎に7世代分のバックアップを取得する必要があり、今回のような処理が必要となりました。
曜日毎にバッチ処理で何かを行うのは、以外とよくある要件の為、覚えておいて損はないと思います。(2018/10/25 追記)
こちら のページで、曜日別にファイルをバックアップするサンプルコードを公開しています。

JMeterのメニューを日本語表示に変更する

JMeterのメニューを日本語表示に変更する (覚書)JMeterのメニューを日本語化した時のメモです。
インストール時の初期言語は[英語]になっている為、日本語化します。メニュー -> [Options] -> [Choose Language] -> [Japanese] を選択メニューが日本語化されます

コピペで簡単! SNSボタンを設置 (SVGアイコン版) [2018/10版]

コピペで簡単! SNSボタンを設置 (SVGアイコン版) [2018/10版]SNSボタンをコピペで簡単に設置する方法です。SVGアイコンなので、テーマに画像ファイルが使えない、Bloggerなどのブログサービスでも使えます。完成イメージ今回は、facebook, Twitter, はてなブックマーク, Pocket, Line の5つのボタンを配置します。PC表示スマホ表示サンプルコードHTML<divclass="sns-button"><ulclass="clearfix"><liclass="facebook"><ahref="#"data-dialog-w="600"><svgaria-hidden="true"data-prefix="fab"data-icon="facebook-f"class="svg-inline--fa fa-facebook-f fa-w-9"role="img"xmlns="http://www.w3.org/2000/svg"viewBox="0 0 264 512"><pathclass="fill"d="M76.7 512V283H0v-91h76.7v-71.7C76.7 42.4 124.3 0 193.8 0c33.3 0 61.9 2.5 70.2 3.6V85h-48.2c-37.8 0-45.1 18-45.1 44.3V192H256l-11.7 91h-73.6v229"></path></svg></a></li><liclass="twitter"><ahref="#"data-dialog-w="600"><svgaria-hidden="true"data-prefix="fab&q…

[Windows Azure] BLOBストレージにファイルを書き込む (C#)

[Windows Azure] BLOBストレージにファイルを書き込む (C#)Azureで、BLOBストレージにファイルを書き込むサンプルです。using Microsoft.WindowsAzure; using Microsoft.WindowsAzure.Storage; using Microsoft.WindowsAzure.Storage.Blob;//ストレージアカウントを指定して、BLOB Clientを取得する string connStr ="<ストレージアカウントの接続文字列>"; CloudStorageAccount storageAccount = CloudStorageAccount.Parse(connStr); CloudBlobClient blobClient = storageAccount.CreateCloudBlobClient();//BLOBコンテナの取得 CloudBlobContainer container = blobClient.GetContainerReference("sample");//BLOBコンテナが存在しない場合、作成する container.CreateIfNotExists();//ブロックBLOBで、ファイルを作成する CloudBlockBlob blockBlob = container.GetBlockBlobReference("mytext.txt");//ファイルに、文字列を書き込む var data = System.Text.Encoding.UTF8.GetBytes("こんにちは BLOB");using(var mem =newMemoryStream(data)){ blockBlob.UploadFromStream(mem);}実行結果
参考情報ストレージアカウントの接続文字列を確認する方法ストレージアカウントの接続文字列は、Azureポータルから確認する事が出来ます。
※ key1、key2 どちらでも接続可能です。

[VB, C#] Windows 8, Window 10 で ImeModeが制御できない問題を解決する

[VB, C#] Windows 8, Window 10 で ImeModeが制御できない問題を解決するタイトルの通りですが、Windows 8 以降では Windows Form アプリケーションで、コントロールの ImeMode に Katakana や KatakanaHalf を設定しても、カタカナになってくれません。なぜ ImeMode が効かないのか?Windows 8 以降、IME Mode の切り替えは、ユーザー単位で切り替わるようになった為、アプリから IME Mode 制御が出来ないようになりました。
(IME をON にした場合、常に ひらがな モードになます)※ Windows 7までは、IME Modeの切り替えはアプリ単位で行われていた為、問題なくアプリから IME制御が行えました。対処方法Windows 8 以降、IMEの制御は、InputScope クラスの利用が推奨されています。
しかし、InputScope クラスは、WPF、Windows ストアアプリでしか使えない為、Windows Formアプリでは使用できません。
(Windows Form はもう使うな!という事でしょうか (涙) )結論としては、コントールパネルの設定で、IMEの制御をユーザ単位から アプリ単位に変更する事ができます。
これで、Windows Formアプリでも 従来通りIMEの制御を行う事が出来ます。おわりにこの方法だと、アプリをインストールする端末すべてに設定が必要となり、とっても面倒です。。。
しかし、今の所これしか方法がない状態です。
これからは Windows Formではなく、WPFや Windows ストアアプリで作れという事ですかね (^^;)

商用利用OKのフリー素材配布サイト!厳選13サイトを紹介!

商用利用OKのフリー素材配布サイト!厳選13サイトを紹介!Freepik大量のベクター素材を無料でダウンロードできるサイトです。サイトによっては、作者への確認が必要なものもありますし
たまに高品質でクレジット、確認等必要なく商用無料のものがあります。
ライセンスはそれぞれ確認して下さい。
https://jp.freepik.com/Top提供素材の例PAKUTASO (ぱくたそ)高品質・高解像度の写真を無料で配布しているフリー素材サイトです。
商用利用OKで、利用報告等も不要な神のような素材サイトです。
https://www.pakutaso.com/Top提供素材の例pixabay画像だけでなく、動画まで商用、非商用を問わず、コピー、改変、再配布することができます。
素材数はなんと 150万枚と、正直意味不明なレベルの数です。
とにかく神レベルのサイトなので、絶対使わないと損です。
https://pixabay.com/ja/写真ACこのサイトも商用利用OKで、クレジット・事前連絡も不要な神サイトです。
素材のダウンロード時に15秒程度、待ち時間が発生しますが、
これだけで素材を使わせてもらえるので全然待ちます。
ちなみに有料会員になると、待ち時間なしで素材がダウンロード
https://www.photo-ac.com/Top提供素材の例FLAT ICON DESIGN最近主流になってきている、フラットデザインのアイコン素材をストックしたサイトです。
使用条件に違反しない限りクレジット表記や許可なしで、自由にご利用できます。
http://flat-icon-design.com/いらすとや季節・イベント系の素材が豊富なサイトです。
人物のイラストが、かわいいです。
こちらも利用規約の範囲内であれば、無料(商用利用もOK)なサイトです。
https://www.irasutoya.com/TOP提供素材の例DesignEvo自分だけのロゴを作成してダウンロードできるサイトです。
はじめに、テンプレートを選択し、ロゴに表示する文字を入力するだけで、
簡単に自分だけのロゴ画像が作成できます。
作成したロゴは、登録不要で無料ダウンロードできます。
https://www.designevo.com/*有料会員になると、作成したロゴを高画質画像でダウンロードできます。1. …

【コピペ実行】Oracle PL/SQL をデバッグする為の設定

【コピペ実行】Oracle PL/SQL をデバッグする為の設定Oracle 11g以降で、PL/SQL をデバッグする為の設定を、コピペ実行できる様に、まとめました。
USER_NAME となっている部分を、書き換えて使って下さい。権限の付与GRANT DEBUG CONNECTSESSIONTO USER_NAME;GRANT DEBUG ANYPROCEDURETO USER_NAME;ACLの設定SQL Developer、JDeveloperでデバッグを行う場合、自分のホスト(IPアドレス)に、jdwpのACL権限を付与してやる必要があります。begin DBMS_NETWORK_ACL_ADMIN.APPEND_HOST_ACE (host=>'Host or IP_Address',ace=> sys.xs$ace_type(privilege_list=>sys.XS$NAME_LIST('JDWP'), principal_name=>'USER_NAME', principal_type=>sys.XS_ACL.PTYPE_DB));end;/

美しい見出しでブログを飾ろう!CSSで最初の1文字/最初の1行だけスタイルを適用する。

美しい見出しでブログを飾ろう!CSSで最初の1文字/最初の1行だけスタイルを適用する。ブログで、見出しは凝りたいけど、HTMLを直接編集するのはちょっと …
という人に、CSSだけで、少し凝った見出しを作成するテクニックを紹介します。今回作るもの↓のイメージのような見出しを、CSS だけで作ります。(1) HTMLを作る見出しを表示するHTMLを作ります。<h3> 美しい見出しでブログを飾ろう!<br/> CSSだけで最初の1文字・1行目にスタイルを適用する。 </h3>HTMLはこれだけです。
シンプルなので、HTMLを直接編集する必要はなく、ブログのエディタだけでも書けると思います。(2) CSSで見出しを装飾する続いてCSSの部分です。
今回は、<h3> タグに装飾します。/** h3タグに適用するスタイル */h3 {background:#eee;width:480px;padding:140px 20px;font-size:15px;}/** 最初の1文字目に適用するスタイル */h3:first-letter{font-size:60px;line-height:1;float: left;margin-right:7px;}/** 最初の1行目に適用するスタイル */h3:first-line{color:rgba(128, 23, 23, 0.5);font-size:25px;}CSS の貼り付け方今回紹介した見出しを使うには、上で紹介したCSSを自分のブログに貼り付ける必要があります。
各ブログサービスでのCSS貼り付け方法は、以下を参考にしてください。WordPress[ダッシュボード] -> [外観] -> [テーマの編集] -> 右側の[style.css]はてなブログ[デザイン] -> [カスタマイズ] -> [デザインCSS]Blogger[テーマ] -> [カスタマイズ] -> [上級者向け] -> [CSSを追加]CSS の解説CSSなんて興味ないよ!って方は読み飛ばしてください (笑)まず1つ目の h3 { … } の部分です。
なんの変哲もないCSSです。
H3タグ 全体のスタイルを指定しています。/** h3タグに適用…