スキップしてメイン コンテンツに移動

キーワード選定・構成・文書作成で文字単価0.5円って… | クラウドワークスのブラッグ案件紹介シリーズ

クラウドワークスは、在宅でリモートワークーの仕事が探せる便利なサイトです。この記事では、クラウドワークスに登録されいる仕事の中から、超低報酬のブラック案件を紹介していきます。

私もクラウドワークスで仕事受けている1人のワーカーです。この記事はクラウドワークスを批判したい訳ではなく、クラウドワークスにはびこる「ブラック発注者(クライアント)」が絶滅して、クラウドワークスがより良いサービスになることを願って書いています。

enter image description here

文字単価「0.5円」だけどブラックすぎる案件

クラウドワークスに、こんな仕事が登録されていました。

項目 内容
仕事の概要 3000文字以上。とにかくPVが稼げる記事を募集
報酬金額 1,700円 (文字単価 0.5円)
最低文字数 2000文字

この案件の文字単価は0.5円で低い方ですが、一見するとブラックと言えるほど低い単価ではありません。

しかし、案件の詳細でこのブラック案件が正体を表しました。

キーワード選定・構成もヨロシク

たった0.5円の文字単価で、キーワード選定と記事構成もワーカーにやらせようとしています。
また、依頼内容に 「とにかくPVが稼げる記事を募集」 とある事から、きっとSEQ対策もヨロシクと言っているものと思われます。

PVを稼ぐとなると、キーワード選定はキーワードプランナーを使って、しっかり検索ボリュームや競合性が低いキーワードを選定する必要があります。
さらに、記事構成についても、Google検索で上位のサイトを分析して、キーワードを挿入したりSEQ対策をしっかり施す必要があり、この2つの作業だけでも、場合によっては2時間程度必要になる場合があります。

こうなってくると、「はっ?バカにしているの?」と聞きたくなるレベルで、酷い案件です。

参考記事多すぎ!!

案件の詳細に、「記事のイメージはこちらのURLを参照」と書かれており、そのには30個以上のURLが並べられていました。

「多すぎて全部見れるかっ!」

ワーカーの事を考えて、もっと絞って参考記事を提示するべきです。

画像選定もヨロシク

4枚以上の画像選定が必要とのことです。はぁ…もうこの時点で疲れ果てますね。。。

という事で、はい、ブラック確定っ!

この仕事するのに必要な時間

このブラックを実際にやると、どの程度時間がかかるのか見積もってみました。

作業項目 内容 所要時間
ネタだし どんな記事を書くのか考える 5分
キーワード選定 キーワードプランナー等でSEQ戦略を考えてキーワードを選定 20分
構成作成 記事の構成を考える(SEQ対策も実施) 60分
記事作成 構成をもとに、実際に2000文字の記事を書く 70分
画像選定 インターネットで画像を探す 10分
納品 ワーカーサイトで、記事の納品を行う 5分

上記の作業を合計すると、このブラック案件では、約200分程度の作業時間が必要になります。

時給換算すると、時給510円です。。。
もう、最低賃金を下回りすぎています。まさに奴隷です。

このようなブラック案件に引っかからないように、仕事の応募前に推定作業時間を見積して、報酬が妥当かどうかよく考えましょう。

まとめ

enter image description here

クラウドワークスには、うまくやればアルバイト以上に稼げる仕事も多く登録されています。しかし、今回紹介した仕事のように、超低報酬なブラック案件が多く登録されているのも事実です。

これは、ブラック案件を発注するクライアントがなのは当然ですが、ブラック案件を受注してしまうワーカーさんにも問題があります。

「初心者歓迎」「ライティングスキルが身に付きます」などの言葉に惑わされて、自分を安売りしてはいけません。まともな報酬額の仕事でも、初心者OKの仕事はたくさんあります。

また、「丁寧に教えます」と言っている仕事でも、大抵は丁寧に教えてくれません。基本的にマニュアルを渡してそれで終わりです。

まとめが長くなってしまいましたが…

ワーカーの皆様!絶対にグラック案件には応募しないで下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

このブログの人気の投稿

axiosの使い方まとめ (GET/POST/例外処理)

axiosの使い方まとめ (GET/POST/例外処理)最近何かとよく使うJavaScriptでAJAX通信を行うaxiosについて、簡単に使い方をまとめました。GETリクエストをaxiosで送るまずはGETリクエストをaxiosで送る方法です。const res =await axios.get('/users') console.log(res.data)分割代入の記法を使うと、以下のようにも書けますconst{data}=await axios.get('/users') console.log(data)クエリパラメータ (URLパラメータ)を指定クエリパラメータを指定する方法は2つあります。1つ目は、axios.getに指定するURLに直接記述する方法です。axios.get('/user?id=123')2つめは、axios.getの第2引数に、オプション指定する方法です。axios.get('/user',{ params:{ id:123}})POSTリクエストをaxiosで送る次はPOSTリクエストをaxiosで送る方法です。JSON形式でPOSTするJSON形式でPOSTする場合は、axios.postの第2引数に、送信するデータをJavaScriptオブジェクトで指定します。const res =await axios.post('/user',{ id:123, name:'Yamada Tarou'})application/x-www-form-urlencoded形式でPOSTするapplication/x-www-form-urlencoded形式でPOSTする場合は、URLSearchParamsを使います。var params =newURLSearchParams() params.append('id',123) params.append('name','Yamada Tarou')const res =await axios.post('/user', params)axios でファイルをアップロードする画像などのファイルを、axiosでアッ…

[VB, C#] Windows 8, Window 10 で ImeModeが制御できない問題を解決する

[VB, C#] Windows 8, Window 10 で ImeModeが制御できない問題を解決するタイトルの通りですが、Windows 8 以降では Windows Form アプリケーションで、コントロールの ImeMode に Katakana や KatakanaHalf を設定しても、カタカナになってくれません。なぜ ImeMode が効かないのか?Windows 8 以降、IME Mode の切り替えは、ユーザー単位で切り替わるようになった為、アプリから IME Mode 制御が出来ないようになりました。
(IME をON にした場合、常に ひらがな モードになます)※ Windows 7までは、IME Modeの切り替えはアプリ単位で行われていた為、問題なくアプリから IME制御が行えました。対処方法Windows 8 以降、IMEの制御は、InputScope クラスの利用が推奨されています。
しかし、InputScope クラスは、WPF、Windows ストアアプリでしか使えない為、Windows Formアプリでは使用できません。
(Windows Form はもう使うな!という事でしょうか (涙) )結論としては、コントールパネルの設定で、IMEの制御をユーザ単位から アプリ単位に変更する事ができます。
これで、Windows Formアプリでも 従来通りIMEの制御を行う事が出来ます。おわりにこの方法だと、アプリをインストールする端末すべてに設定が必要となり、とっても面倒です。。。
しかし、今の所これしか方法がない状態です。
これからは Windows Formではなく、WPFや Windows ストアアプリで作れという事ですかね (^^;)

MailKitの使い方! エンコーディング指定や添付ファイをメールで送信する方法[C#/VB Tips]

MailKitの使い方! エンコーディング指定や添付ファイをメールで送信する方法[C#/VB Tips]MailKitを使ってメールを送るサンプルコードです。(C#)UTF8/iso-2022-jpのエンコーディング指定、GMail/YahooのSMTPサーバで送るなど、4つのサンプルコードでMailKitの使い方を紹介します。MailKitって何?2017年に.NET標準のSystem.Net.Mail.SmtpClientが廃止予定となり、Microsoftより今後はオープンソースライブラリである、MailKitに置き換えるとアナウンスがありました。既にSmtpClientは非推奨になっており、今後は廃止されていきます。現在、SmtpClientを使用したソースコードには、Visual StudioからMailKitを使うよう警告が出るようになっています。さっそく、MailKitを使ってメールを送信するサンプルコードを作っていきます。UTF8でメールを送信文字エンコーディングを、UTF8でメールを送信するサンプルコードです。
MailKitは、デフォルトの文字エンコーディングがUTF8なっている為、シンプルなコードでメールを送信する事ができます。var host ="<smtp server name>"; var port =25;// or 587using(var smtp =new MailKit.Net.Smtp.SmtpClient()){//SMTPサーバに接続する smtp.Connect(host, port, MailKit.Security.SecureSocketOptions.Auto);//認証が必要な場合は、以下のコメントを解除//smtp.Authenticate("<id>", "<password>");//送信するメールを作成する var mail =new MimeKit.MimeMessage(); var builder =new MimeKit.BodyBuilder(); mail.From.Add(new MimeKit.MailboxAddress("",&quo…