スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2020の投稿を表示しています

venvで作成したPythonの仮想環境を初期化 or 削除するには?

venvで作成したPythonの仮想環境を初期化 or 削除するには?久しぶりにPythonを触って、昔はグローバル環境に、pipでライブラリをインストールしまっくていたけど、せっかなので「venv」で仮想環境をつくことにしました。「venv」の使い方を紹介する記事はいっぱいあるので、この記事では「venv」で作成したPythonの仮想環境を初期化したり、削除する方法について紹介したいと思います。venv --claerで仮想環境を初期化venvに--claerオプションを指定すると、pythonの仮想環境を初期化できます。activateで仮想環境を有効化している場合は、deactivateコマンドで非アクティブしてから、次のコマンドを実行しましょう。# Windowsの一例 py -3.7 -m venv <仮想環境名> # MacやLinux python3.7 -m venv <仮想環境名> venvで作成した仮想環境を削除するvenvで作成したpythonの仮想環境を削除したい時は、どうすればいいのでしょうか?答えは簡単で、venvで作成された仮想環境のフォルダを消すだけです。特別なコマンドは不要で、OS標準のフォルダ削除コマンドで仮想環境を削除できます。deactivate #仮想環境をアクティブにしている場合は、非アクティブにする rm -rf <仮想環境名>/ 使っていないPython仮想環境は整理!venvでPythonの仮想環境を作る機能は便利だが、pipでパッケージをインストールしまくると、どんどん容量が増えていきます。しばらく使わない仮想環境は、「requirements.txt」等に必要なパッケージを記述して、いつでも復元できるようにしておき、venv --claer等でファイルを削除して整理しておきましょう。ちなみに、仮想環境内にインストールされたパッケージを全てを「requirements.txt」へ書き出すときは、以下のコマンドを使うと一発でできます。pip freeze > requirements.txt 参考venvコマンドの構文usage: venv [-h] [--system-site-packages] [--symlinks | --copies] [--clear] …

[VB6]MSCommコントロールを.NETの [.NET]SerialPortへ移行

[VB6]MSCommコントロールを.NETの [.NET]SerialPortへ移行[VB6]MSCommコントロールのプロパティ.NETのSerialPortコントロールへ移行する前に、VB6のMSCommが持つプロパティを見ていきましょう。VB6のMSDNからMSCommコントロールの主要プロパティを抜粋しました。CommPort通信ポート番号を設定または取得します。1 から 16 までの任意の数値に設定できます。既定値は 1 です。PortOpen プロパティを使ってポートを開くときに、そのポートが存在しなければ、コミュニケーション (MSComm) コントロールによってエラー 68 (Device unavailable) が生成されます。※ ポートを開く前に、CommPort プロパティを設定する必要があります。Settings通信速度、パリティ、データ長、およびストップ ビット長を文字列で設定または取得します。PortOpen通信ポートの状態を設定または取得します。ポートの開閉にも使用します。input受信バッファから文字列を取得し、その文字列を受信バッファから削除します。Input プロパティによって読み取られるバイト数は、InputLen プロパティで指定します。InputLen プロパティを 0 に設定すると、Input プロパティ によって受信バッファの内容全体が読み取られます。InputMode プロパティを使って、Input プロパティによって読み取られるデータの種類を指定できます。InputMode プロパティを comInputModeText に設定すると、Input プロパティによって、テキスト データがバリアント型 (Variant) で読み取られます。InputMode プロパティを comInputModeBinary に設定すると、Input プロパティによって、バイナリ データがバリアント型のバイト配列で読み取られます。Outpu文字列を送信バッファに書き込みます。Output プロパティで、テキスト データまたはバイナリ データを送信できます。Output プロパティを使ってテキスト データを送信する場合は、文字列が格納されているバリアント型 (Variant) データを設定します。Output プロパティを使ってバイ…