BloggerでサイトマップをGoogle Search Consoleに送信する

2020年12月2日水曜日

Blogger ブログ

t f B! P L

作成したブログは、やっぱりGoogleなどの検索エンジン上位に表示させたいですよね!
サイトマップは、検索エンジン最適化(SEQ対策)でやっておくべき有効な方法の1つです。

今回は、Bloggerでサイトマップを、GoogleのSearch Consoleに送信する方法を紹介します。

Bloggerでサイトマップを表示する

Bloggerは特に何もしなくても、標準でサイトマップ(sitemap)を作成する機能があります。

サイトマップは、ブラウザのアドレスバーに次のように入力すると、ブラウザからも確認できます。

https://<ブログのURL>/sitemap.xml

例えば、ブログのURLがwww.myblog.comとかであれば、https://www.myblog.com/sitemap.xmlとブラウザに入力すれば、次のような感じでサイトマップが表示されます。

Google Search Consoleにサイトマップを送信する

検索エンジン(Google)にサイトマップを認識してもらうためには、Search Consoleでサイトマップを送信する必要があります。

実際に、サイトマップを送信してみましょう。

Search Consoleの左メニューより[サイトマップ]を選択し、ファイル名の入力蘭にsitemap.xmlと入力します。
入力後、送信ボタンをクリックします。

送信が完了して読み込みが行われると、次のイメージのように、送信日と最終読み込み日時が表示されます。

[送信されたサイトマップ]のリストをクリックすると、詳細ページに飛んで、サイトマップで読み込まれたURLの件数を確認できます。
ここで、作成した記事の数とサイトマップから読み込まれたURL数が合っているか確認しておきましょう。

RSS 2.0/Atomフィードの送信

Googleはサイトマップの他に、RSS/Atomフィードも合わせて送信することを推奨しています。
Bloggerでは、RSS 2.0/Atom フィードは次のURLで取得できます。

Atom:
https://<ブログのURL>/feeds/posts/default

RSS 2.0: 
http://<ブログのURL>/feeds/posts/default?alt=rss

RSS 2.0/Atomってそもそも何?

ここで「RSS?Atom?って何?」という方に、少し解説します。

RSS 2.0やATOMは、インターネット通じた配信向けフォーマットで、記事のタイトル・見出し・概要などがXML言語で記述されており、プログラムなどの機械が読みやすいように作られた文書です。

「RSS 2.0」はテキスト・文字の装飾・リンクに対応した配信フォーマットで、「Atom」はRSS2.0をベースによりシンプルに使いやすくしたフィード形式です。

RSS 2.0やATOMは総じてフィード(feed)と呼ばれ、ブログやニュースなどのインターネット上の記事の更新状況を伝えるために多く使用されています。

配信されたフィード(feed)は、そのままでは人には読みづらいため、feedlyなどの情報収集アプリを使って見やすく整形した上で読むのが一般的です。

RSS 2.0/AtomフィードをSearch Consoleに送信

それでは、RSS/Atomフィードを、Google Search Consoleに送信してみましょう。送信方法はサイトマップの時と同じです。

左メニューより[サイトマップ]を選択、ファイル名の入力蘭にAtomであればfeeds/posts/default、RSS 2.0であればfeeds/posts/default?alt=rssと入力します。
入力後、送信ボタンをクリックします。

送信後、「送信されたサイトマップ」にRSSの結果が表示されればOKです。
RSSは、基本的に RSS 2.0かAtomのどちらか一方のみ送信すれば問題ありません。

「サイトマップより検収されたURL数が少ないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、RSSは直近から一定期間分のURLしか作成しないため問題ありません。

一度設定すれば定期的にGoogleが更新してくれる

ここまでの手順で送信したサイトマップやRSSは、一度 Search Consoleで送信しておけば、次回からはGoogleの検索エンジンが定期的に更新してくれます。

サイトマップ、RSSはとりあえず送信だ!

BloggerでサイトマップやRSSを、GoogleのSearch Consoleに送信する方法を紹介しました。

SEO的にサイトマップの送信は絶対やっておういた方がいいため、とりあえずブログを作成したらサイトマップを送信しましょう。

スポンサーリンク

QooQ