スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2019の投稿を表示しています

[SQLAlchemy] AutoIncrementで発番された連番を取得する

[SQLAlchemy] AutoIncrementで発番された連番を取得するSQLAlchemyでAutoIncrementの列がPKになっている場合で、後から発番された値を取得する方法を紹介します。AutoIncrementで発番された値を取得する方法データを挿入後、session.flush()を呼び出す事で、モデルからAutoIncrement型で発番された連番が取得できる。user = User() user.userName ="hoge" user.age =11 session.add(user) session.flush()#これが重要print("id="+ user.id)EOF

Bloggerで独自ドメインを設定する

Bloggerで独自ドメインを設定するBloggerで独自ドメインを設定する方法を紹介します。Bloggerの最初のURLは、[あなたのブログのアドレス].blogspot.comのようになりますが、独自ドメインを設定する事もできます。将来的に AdSense(アドセンス)などで収益化を狙っている場合は、初めから独自ドメインを設定することをお勧めします。後からドメインを変更すると、これまでPV(アクセス数の単位)によって溜まったドメインパワーがリセットされ、1からやり直しになるため為、ドメインを変更した直後にPVが激減してしまいます。独自ドメインのメリット独自ドメインにするメリットを、3つ紹介します。自由にブログのURLが決められる独自ドメインを取得すると、あなたのブログのURLを「○○.net」「○○.com」など、完全に自由に決められます。また「.com」「.net」などのトップレベルドメインの部分も自由に選べます。逆にBloggerの無料ドメインを使う場合、ブログのURLは「○○.blogspot.com」のようになり、○○の部分は自由に決めれますが、「.blogspot.com」の部分は変えることはできません。また、○○の部分は自分で決めれると言いましたが、Bloggerを使っている他の人が、すでに使用しているアドレスは使用できません。Blogger以外のブログサービスにURLを引き継げるWordPressなどにブログを引っ越する場合、独自ドメインであればブログのURLを引き継ぐことができます。逆にBloggerの無料ドメインの場合、ブログのURLを引越先の無料ドメインに切り替える必要があり、SEO的にマイナスと言われています。(ドメインパワーがリセットされ1からやり直し)アドセンスで広告収入得るには独自ドメインは必須ブログに広告を貼って、広告収入を得る事を狙っている場合は、独自ドメインは必須です。
Google Adsenseで広告を掲載する場合、事前に審査があります。この審査ですが、基本的に独自ドメインでないサイトは審査に落とされます。独自ドメインのデメリット維持費用がかかる何といっても、独自ドメインには維持費用がかかります。およそ年間で1,000円くらい維持費用がかかる感じです。年に1回 外食ランチを我慢しましょう!ドメインを購入するおすすめは、日本…

Bloggerの容量って上限はいくつなの?

Bloggerの容量って上限はいくつなの?Bloggerは無料で使えるBlogサービスです。
すごくいいサービスなんですが、容量の上限が分からない。管理画面などを見渡してもどこにも書いてない。てなわけで、調べました。Bloggerのデータ容量の上限一発で分かる図を書いてみました。
ようは、Bloggerの容量はGoogle Driveの使用量に含まれるという事です。
またストレージの容量を、Gmail と Google フォトで共有している為、Bloggerで記事を一杯書く場合は、Blogger専用のアカウントを用意した方がよさそうです。Bloggerの容量を増やす先述した通り、Bloggerの容量はGoogle Driveの使用量に含まれます。容量を増やす場合はGoogle Driveのストレージプランをアップグレードします。Google One
上記の通り、有料になってしまうが、最大200GBまで容量が増やせそうです。無料で実質容量を無制限にする

[Blogger] A plug-in that automatically generates a table of contents from headings

[Blogger] A plug-in that automatically generates a table of contents from headings※Note
This article is an article that mechanically translates This URL into English.In this article, I will introduce how to automatically generate a table of contents in Blogger.Blogger is a very good blog service, such as “no ad display”, “custom domain available”, and “Can be monetized with Adsence” even though it is free.However, like WordPress, you can not install the plug-in, so the functionality of the standard widget provided by Blogger may be lacking.In particular, Blogger does not have the ability to automatically generate a table of contents.This time, I created a plug-in that automatically generates a table of contents in Blogger.
By introducing this plug-in, you can easily generate a table of contents automatically, like WordPress “TOC +” plug-in.In fact, the table of contents shown below in this article is automatically generated by the plug-in introduced this time.FeatureAutomatically dete…

VS CodeでPythonの中間ファイル(.pyc)を非表示にする

VS CodeでPythonの中間ファイル(.pyc)を非表示にするVS Code (Visual Studio Code) のエクスプローラ上に、Pythonのソースコードと同じファイル名で、拡張子が.pycとなっているファイルが出来て邪魔だと思った事はありませんか?↓の赤枠のファイル
ファイル数が少なければ邪魔になりませんが、ファイルが多くなると、VS Codeのエクスプローラがごちゃごちゃして見にくいです。今回は、VS Code (Visual Studio Code) で拡張子が.pycのファイルを非表示にする方法について紹介します。pycファイルとはそもそも、拡張子が.pycというファイルは何なのでしょうか?Pythonはプログラムを実行する際、ソースコードをバイトコード(コンピューターが理解できる形式)にコンパイルしてから実行します。この時できるバイトコードが、拡張子pycのファイルの正体です。あなたが python app.pyとコマンドを打ち込んでPythonのプログラムを実行するとき、コンピューター内部では、以下のような動きが行われています。Pythonのソースコードをバイトコード(pycファイル)にコンパイル作成したバイトコードを(pycファイル)をPythonの仮想VMが起動pycファイルを非表示にする方法まず、VS Code (Visual Studio Code)のメニューから[基本設定]→[設定]を選択します。画面上部のテキストボックスに、「files.exclude」と入力します。すると下の検索結果に「Files: Exclude」という設定が表示されます。
「Files: Exclude」の設定から、[パターン追加]をクリックして、追加された行に **/*.pyc と入力します。Python3.2からは「pycache」に作成されるPython 3.2 から バイトコード(pycファイル)は、pycache というディレクトリを作成し、その中にpycファイルが作成されるようになりました。これで、ソースコードが格納されているフォルダがスッキリしそうですね。ちなみに「pycache」というディレクトリすらもVS Codeに表示したくない場合は、「pycファイルを非表示にする方法」で紹介した手順と同じように、**/__pycache__とい…

Nuxt.jsでaxiosのリクエストをフックする

Nuxt.jsでaxiosのリクエストをフックするaxiosのリクエストを、1箇所で監視する方法です。
通信ログの記録や、エラー発生時にカスタムエラー画面に飛ばすといった事ができます。サンプルプログラムplugins/axios.jsexportdefaultfunction({ $axios, redirect }){ $axios.onRequest(config =>{ console.log('axiosリクエスト発生 url='+ config.url)}) $axios.onError(error =>{//axiosの通信でエラーが発生した時に 400エラーページにリダイレクトconst code =parseInt(error.response && error.response.status)if(code ===400){redirect('/400')}})}nuxt.config.js への設定も忘れずに plugins:['~/plugins/axios.js'],axiosのイベントイベント説明onRequestaxiosのリクエストが発生した時に発生するイベントonResponse通信相手からのレスポンスを受信した時に発生するイベントonRequestErrorリクエスト時エラーが発生した時のイベントonResponseErrorレンポンスがエラーの時に発生するイベントonErrorエラーが発生した時に発生するイベント

[JAVA]日付・時刻のフォーマットを行うSimpleDateFormatクラス

[JAVA]日付・時刻のフォーマットを行うSimpleDateFormatクラスこの記事では、Javaで日付・時刻のフォーマットを行うSimpleDateFormatクラスについて解説します。
フォーマットパターンの指定により、さまざまな形式で日付・時刻を表示できるようになります。サンプルコードまずは、ときにく使ってみろという事で、SimpleDateFormatクラスを使って、日付・時刻のフォーマットを行うサンプルコードを見てみましょう。日付のフォーマットimport java.util.Calendar;import java.text.SimpleDateFormat; Date now = Calendar.getInstance().getTime();//現在時刻を取得 SimpleDateFormat sdf =newSimpleDateFormat("yyyy/MM/dd"); System.out.println(sdf.format(now));//-> 2019/12/31時刻のフォーマット~ 中略 ~ SimpleDateFormat sdf =newSimpleDateFormat("HH:mm:ss.SSS"); System.out.println(sdf.format(now));//-> 12:59:59.999フォーマットパターン以下の表は、SimpleDateFormatクラスで用意されているパターンです。
大文字と小文字の違いによっても、意味が変わるので注意が必要です。文字説明例G紀元ADy年1996, 96M月July, Jul, 07w年における週27W月における週2D年における日189d月における日10F月における曜日2E曜日Tuesday, Tuea午前/午後PMH一日における時(0~23)0k一日における時(1~24)24K午前/午後の時(0~11)0h午前/午後の時(1~12)12m分30s秒55Sミリ秒978zタイムゾーンPacific Standard Time, PST, GMT-08:00Zタイムゾーン-0800和暦でフォーマットするSimpleDateFormat クラスは、西暦だけでなく、和暦でのフォーマットも出来ます。//日本語ロケールを設定 L…

POIで行コピーを行う (Apache POI Tips)

POIで行コピーを行う (Apache POI Tips)Apache POIで、行のコピーを行う方法を紹介します。残念なことに、Apache POIには行コピーのようなメソッドは用意されていません。
面倒ですが、行の内容を取得して、その中のセルの値およびスタイルをコピーするという方法しかないようです。サンプルコードさっそく、行のコピーを行うサンプルコードを、紹介したいと思います。import org.apache.poi.ss.usermodel.*;import org.apache.poi.ss.util.*;/** * POIで行をコピーする処理 * @param workbook ワークブック * @param worksheet ワークシート * @param sourceRowNum コピー元の行インデックス * @param destinationRowNum コピー先の行インデックス */privatestaticvoidcopyRow(Workbook workbook, Sheet worksheet,int sourceRowNum,int destinationRowNum){ Row newRow = worksheet.getRow(destinationRowNum); Row sourceRow = worksheet.getRow(sourceRowNum);if(newRow != null){//コピー先に行が既に存在する場合、1行下にずらす worksheet.shiftRows(destinationRowNum, worksheet.getLastRowNum(),1); newRow = worksheet.createRow(destinationRowNum);}else{//存在しない場合は作成 newRow = worksheet.createRow(destinationRowNum);}// セルの型、スタイル、値などをすべてコピーするfor(int i =0; i < sourceRow.getLastCellNum(); i++){ Cell oldCell = sourceRow.getCell(i); Cell newCell = …